食費を節約して余裕をもつ!

ミニトマトは素人でも簡単に収穫できる!

食材の節約として、最近に人気になっているのが家庭菜園です。

特にミニトマトや万能ねぎは、家庭でもあまり失敗がなく、気楽に栽培できると非常に人気があります。

 

ミニトマトは毎日お弁当を作っている人なんかは、彩りで利用することが多いと思います。
そんなミニトマトは、家庭菜園において、実はすごく簡単にできるのです!

 

初心者でも失敗が少ない家庭菜園の野菜として非常に人気があります。
普通の大きさのトマトとなると、味が悪くなってしまったり、形が良くなかったり、栽培するのが非常に難しいというデメリットがあります。

 

しかし、ミニトマトの場合は、水やりさえしっかりしていれば、それほど大きな失敗になることもなく、お手軽です。
初心者でも失敗しない家庭菜園の野菜を選べば、簡単に食材を節約できるようになります。

 

特に最近は食育を意識して、子供と一緒に家庭菜園を楽しむ家庭も増えています。
ミニトマトであれば、庭は必要なく、マンションなどのベランダ菜園でも、十分に収穫できます。

 

これまで家庭菜園のハードルが高いと思っていた人は、ぜひともミニトマトから始めてみることをおススメします。
虫がつきやすい野菜や、栽培が難しい場合は、やはり挫折してしまうことも多いので、『家庭菜園は簡単であることが命』です。

 

節約で家庭菜園をする人は、あくまで食材を浮かせ、食費を削減したい人がやっているので、難しいことをしてしまうと、結局は長続きしないで辞めてしまうので要注意です。

再生野菜を育てよう!

また、家庭菜園でミニトマトの他におススメなのが『再生野菜』です。

 

水に浸しているだけで勝手に野菜がどんどんと成長して、収穫できるようになるので、ズボラな人でも水を変えるだけで育ててられる簡単な栽培方法です。

 

しかも、再生野菜は、非常に数も多く、万能ねぎをはじめ、コマツナ、ミズナ、チンゲンサイなど、高騰しやすい葉物野菜に多いのも特徴です。

 

 

葉物野菜は、毎日のお料理に欠かせない物が多く、ビタミンやミネラルなども豊富に含まれている野菜が多いので、再生野菜で収穫できると、非常に助かります。

 

再生野菜は、根元の部分を残しておき、綺麗な容器に入れておきます。
夏場は水が腐りやすくなってしまいますので、出来るだけ水はこまめに変えましょう!

 

そして、再生野菜の注意点では、『栽培した野菜は火を通すこと』
スーパーの野菜は、しっかり衛生管理されていますが、家庭菜園で作られる野菜は、そうした特殊な管理をしていないため、念のため生食は避ける方が無難です。

 

再生野菜を上手く使っていけば、食費はかなり下がります!
食費において、やはり野菜はかなり高い支出になりますので、再生野菜でいくらかでも補えれば、それだけ食費も安くなります。

 

家庭菜園は簡単に出来るものも多いので、労力を使わなくても、ちょっとした知恵や情報で、節約をすることが出来ます。
これまであまり家庭菜園に興味がなかった人も、虫が湧きにくい水耕栽培や、家庭菜園を毎日の生活に取り入れてみましょう!